大きくする 標準 小さくする

中日・川井、プロ初完封で球団初の開幕9連勝!

2009/07/12

 まゆ毛を八の字にして投げる姿から迫力は感じられないが、勝負どころで打者は凡打を重ねた。中日の川井が不思議な持ち味を発揮し、プロ初完封を果たした。

「ピンチばかりで、気付いたら八回ぐらいだった」

ほぼ毎回走者を出したものの、緩急を使って的を絞らせなかった。ヤマ場は七回無死満塁。森バッテリーチーフコーチから「点が入るのは仕方ない。一つずつアウトを取っていけ」と声を掛けられたが、倉に高め直球を打たせて投ゴロで本塁併殺、代打嶋は外角カーブで空振り三振。ベンチの期待以上の結果で切り抜け、思わずガッツポーズが飛び出した。開幕からの9連勝は球団初の快挙だ。昨季まで通算1勝だった5年目右腕の端的な変化に、球速が2~3キロ速くなったことがある。直球の伸びが良くなったことで100キロ台のカーブなど緩い変化球が生き、打者を幻惑しているようだ。

「九回は一回と同じ気持ちでいった。最高です」

この日で貯金は10。先発枠争いの伏兵に過ぎなかった川井の活躍が、ほぼそのままチームの勝ち越し数に当てはまっている計算だ。(サンケイスポーツ

Time

Left Dragons Mobile

8.jpg?20090221130419
観戦のお供に。