大きくする 標準 小さくする

中日、2位復帰!投打かみ合い流れ奪う

2009/07/16

 追いつかれれば勝ち越し、逆転されればひっくり返す。効果的な追加点も挙げ、中日が4月以来の2位に返り咲いた。先発の朝倉が4点を失う展開に、落合監督は、

「ビシッと抑えて勝てないこともあれば、打たれても勝てることがある。きょうはその典型だな」

と不満顔だった。だが、2番手以降が無失点でバトンをつないで競り勝ったのは事実。打線も中軸がそれぞれ打点を挙げるなど、投打がかみ合った。一回の先制打はブランコだった。荒木の盗塁死で先制機が遠のいたかに見えた2死から、森野が四球で出塁、主砲の右翼線二塁打で生還した。2-3と逆転を許した直後の三回も、ブランコの右中間二塁打などを足掛かりに2得点し、試合の流れを奪い返した。頼もしい4番は、

「きょうは良くボールが見えたので、ジャストミートを心掛けた。夏はピッチャーが疲れてくるので大好き」

と笑顔を振りまいた。オールスター期間直前の、厳しい9連戦の最初のカードを勝ち越し、主砲は、

「次の横浜戦は3連勝したいね」

と意気揚々と引き揚げた。(サンケイスポーツ

Time

Left Dragons Mobile

8.jpg?20090221130419
観戦のお供に。