大きくする 標準 小さくする

中日が投打で圧倒!チェンは3安打完封

2009/07/17

 ここまで一方的な試合もめったに見られるものではない。5連勝中と勢いに乗っていたはずの横浜を、中日が完膚なきまでにたたきのめした。まずは打線がマストニーに襲いかかった。一回2死一、三塁、和田の左前打であっさり先制すると、藤井も左前打で続いて2点を先行。二回以降も攻撃の手を緩めず、相手先発を四回途中9失点で降板に追いやった。投げてはチェン。一回、先頭の吉村を152キロの直球で空振り三振に仕留めたのを皮切りに、ぐいぐいと力で押し込んでいった。大量援護にも気を緩めず、わずか3安打で無四球の完封。左肩痛で約1カ月離脱したこともあり、これが5月3日以来の3勝目となった。石嶺打撃コーチは、「最初に和田の適時打が出て、楽に打席に入れる流れに持っていけた」と満足顔。チェンは同僚の吉見を抜いて防御率リーグトップとなり、

「吉見さんの投球を見て、自分も抑えたかった」

と胸を張った。大勝からにじみ出たのは、選手間の相乗効果と競争意識。中日を押し上げる上昇気流は、しばらくやみそうにない。(サンケイスポーツ

Time

Left Dragons Mobile

8.jpg?20090221130419
観戦のお供に。