大きくする 標準 小さくする

中日が8連勝!ナゴヤドームはお祭り騒ぎ!

2009/07/22

 同点の八回二死二塁。小池の打球が中堅手のグラブをはじいて転がると、ベンチが歓喜で沸いた。

「一回のチャンスで凡退して悔しかった。バットに当てれば何とかなると思った」

小池も興奮だ。チーム一丸となった勝利への執念で、広島戦11連勝。ナゴヤドームはお祭り騒ぎだ。一回に2点を先行した後は歯がゆい展開が続き、2-2で八回を迎えていた。突破口を開いたのは機動力。広島の3番手シュルツの前にブランコ、和田が連続三振したが、四球で出た藤井が小池の打席の初球に盗塁を決め、決勝打をおぜん立てした。この3連戦、盗塁やエンドランなど何度も足を使って好機を演出した。

「相手のすきを突く野球ができているので、やっていて楽しい」

とはヒーローの小池。広島が工夫のない攻撃を繰り返しただけに、試合巧者ぶりがより際立った。いざ、決戦だ。8連勝で前半戦を終え、首位巨人とは2.5差。28日からの後半戦開幕カードでは、その巨人と敵地で3連戦。竜がセ界の主役に躍り出るチャンスが巡ってきた。(サンケイスポーツ

Time

Left Dragons Mobile

8.jpg?20090221130419
観戦のお供に。