大きくする 標準 小さくする

中日・チェン“楽々完封”防御率1・45リーグトップに

2009/07/18

 まるで相手にしなかった。大量リードに守られたチェンが、横浜打線を力でねじ伏せた。散発3安打、自身初の無四球で今季2度目の完封勝利。5月3日の横浜戦以来、2カ月半ぶりの3勝目で防御率1・45でリーグトップに返り咲いた。

「無駄な四球を出さずに厳しいコースで抑えたいと思っていた。初回から全力でいきました」

初回先頭の吉村に3球連続ストレートで空振り三振。3球目の152キロがズドンとミットに収まると、早くも横浜打線にお手上げムードが漂い始めた。ここまで3勝はすべて横浜戦で、2完封を含めていずれも無失点。トータルでも33回を1失点と完ぺきに抑え込んでいる。好投しながら、なかなか白星に恵まれなかった左腕にとって、最高のお得意さまだ。

「横浜戦?それは偶然です。なかなか勝てずにきつかったけど、自分の投球をすることだけを考えていた」

防御率は、同僚の吉見と抜きつ抜かれつのマッチレース。

「お兄ちゃんのような存在。吉見さんのように勝ち星も挙げたい」

若き左腕の快投で3連勝。巨人とのゲーム差も4・5まで縮めた。(スポーツニッポン

Time

Left Dragons Mobile

8.jpg?20090221130419
観戦のお供に。